某チャット

あと何分の?時、某チャットでの会話は、自分の今後の参考にと思って、毎回ROMしてるのですが、
今回はいろいろ忙しくてさっき読んだら、いろいろと面白そうなことが書いてあったので乗ってみます。
「アニメ アベノ橋魔法☆商店街」は、
チャットを引用させてもらいますと「オタク的なことを敢えてオタクっぽく見せてる」
まさにそうだと思いました。
主役のサッシがオタク趣味のパラレルワールドへワープしていく話なんですが、
彼女のあるみは、大体冷めた目で見てついて来れない。
でも何か、見てて嫌な気はしないし、いろいろと詳しい人がみたらいろんなパロディが
含まれていて面白い作品ではないかと思います(私は、ほとんど分かりませんでしたが)。
私もかなり好きな作品です。
げんしけん
オタク感をリアルに描いた作品だと思うので、アニメに興味ない人は気持ち悪さを
興味のある人は、自虐的に面白いと感じる人が多いのではないかと思います。
原作のほうが好きです。
「アニメの基本まず声優」
これは、私もその部類だとは思うのですが、あくまで私個人のことですが
私は、漫画原作(ほとんど少年誌)からアニメ化したをよく見るので
原作の漫画を読んでいるときに声を想像して読むんですよね。
だから、その声のイメージを壊されたら嫌だなと思うわけです。
もし壊れているとしても原作が好きなのである程度は見るのですけどね。
漫画原作のないアニメは、物語が面白かったら当然見ると思いますし、
好きな声優がでてるのでつまらない場合も我慢してみるときもあります。
「昨今の宮崎アニメ」
声優使わないのは、私は別に気にならないんですが
一応、ほとんど千と千尋くらいまでは大体見ているんですが
もののけ姫くらいからでしょうか、話自体あんまり面白くないと思うんですよね。
私個人の感覚では声優使わないとかは、あまり関係ないです。
アニラジ
アニラジってアニメを宣伝する上での一番の宣伝媒体言われていた・・はずです。
最近の傾向では、新しいアニメが始まる前に先行してラジオを開始して、
ラジオで先に愛着を持たせたりタイトルを覚えさせることでそのアニメを見るよう
仕向けることが多くなってますね。やっぱりCMよりも効率いいんでしょう。
ただ、中にはアニメなどの宣伝をしないアニラジなんかもあったりします。
でも大体は、アイドルとして売り出したい声優のプロモーション目的です。
本当に極稀にスポンサーなしのラジオもあったりするわけですが。
まあ、それも大体広報活動の一環でしょうし。
その辺は、一般のラジオでも同じ(?)じゃないのかな。と思います。
私は、面白いと感じたら聴いたらいいのではないかと思ってます。